読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

An empty bottle

しがないメンヘラエンジニアの日記。

文字列のUnique制約でエラー出るんやけど @Laravel5.4

お疲れ様です。

お遊びで、Laravel5.4でWebアプリ作成してるんですよ。

順調かと思ってたら、migrateでコケました。

stringにunique指定すると、コケる。

解決方法は以下です!

またまたリンク貼るだけになりましたが、大変助かりました。

AppServiceProviderをいじるんですよ!!!

teratail.com

カスタム関数をエイリアス使ってしまおうぜ。 @laravel5

以前、こんな記事を書きました。↓

cresta522.hateblo.jp

これは確かに手段としてあるが、 Laravelチックではないな…と反省。

だったら もう少しLaravelチックに書こうじゃないかと。

上記記事と比べてみてください。

1. /app/lib/CostomHelper.php

ファイル名は適当で良いです。

<?php

namespace app\lib;

class CostomHelper
{

    /**
    * Create link tag element for css
    * 
    * @param   string  $file_name
    * @param   bool    $secure = false
    * @return  string  link_tag
    */
    public static function asset_css($file_name, $secure = false){
        if (is_array($file_name)) {
            $tag = '';
            for ($i = 0; $i < count($file_name); $i++) {
                $relative_file_path = '/css/' . $file_name[$i] . '.css';
                $tag .= self::make_tag($secure, 'link', $relative_file_path, ['rel' => 'stylesheet']) . PHP_EOL;
            }
        } else {
            $relative_file_path = '/css/' . $file_name . '.css';
            $tag = self::make_tag($secure, 'link', $relative_file_path, ['rel' => 'stylesheet']);
        }
        return $tag;
    }
    
    /**
    * Create link tag element for javascript
    * 
    * @param   string  $file_name
    * @param   bool    $secure = false
    * @return  string  script_tag
    */
    public static function asset_js($file_name, $secure = false)
    {
        if (is_array($file_name)) {
            $tag = '';
            for ($i = 0; $i < count($file_name); $i++) {
                $relative_file_path = '/js/' . $file_name[$i] . '.js';
                $tag .= self::make_tag($secure, 'script', $relative_file_path, ['type' => 'text/javascript']) . PHP_EOL;
            }
      
        } else {
            $relative_file_path = '/js/' . $file_name . '.js';
            $tag = self::make_tag($secure, 'script', $relative_file_path, ['type' => 'text/javascript']);
        }
    
        return $tag;
       
    }
    
    
    /**
    * Create link tag
    * 
    * @param   string  $tag_header
    * @param   string  $relative_file_path
    * @param   string  $attr = ''(array)
    * @return  string  script_tag
    */
    public static function make_tag($secure, $tag_header, $relative_file_path, $attr = '')
    {
        $file_full_name = asset($relative_file_path, $secure);
        $abs_file_path = public_path($relative_file_path);
        $timestamp = filemtime($abs_file_path);
        
        $tag_attr = ' ';
        if(is_array($attr)){
            foreach ($attr as $key => $value) {
                $tag_attr .= $key . '="' . $value . '" ';
            }
        } else {
            $tag_attr .= $attr;
        }

        switch ($tag_header) {
            case 'link':
                $tag_file_name = ' href="' . $relative_file_path. '?' . $timestamp . '" ';
                $tag_end = '';
                break;

            case 'script':
                $tag_file_name = ' src="' . $relative_file_path . '?' . $timestamp . '" ';
                $tag_end = '</' . $tag_header . '>';
                break;
        
            default:
                $tag_file_name = '';
                $tag_end = '';
                break;
        }
    
        $tag_begin = '<' . $tag_header . $tag_file_name . trim($tag_attr) . '>';
    
        $tag = $tag_begin . $tag_end;
    
        return $tag;
    }
    
}

2. config/app.php

追記するよ

'aliases' => [
        
        ...
              
        // Custom Function
        'CostomHelper' => 'app\lib\CostomHelper',

    ],

こんな感じで使うよ

use 宣言しても良かったかも。

 <head>
   <meta charset="utf-8">
   <title>@yield('title')</title>
   <link rel="stylesheet" href="/assets/css/style.css">
   {!! App\lib\CostomHelper::asset_css(['app', 'semantic.min']) !!
   {!! App\lib\CostomHelper::asset_js(['jquery.min', 'semantic.min', 'app']) !!}
 </head>

おいroutes.php どこ消えたんや。@Laravel 5.3~

お疲れ様です。

プロジェクトによって、Laravel5.4 を実装してみました。

大きく変わったことの一つとして、routes.phpの場所ですね。

今までは、

app/Http/routes.php

にありました。

ただ、5.3からは。。

routesというディレクトリが作られました。 その中に、ウェブ用の

routes/web.php

があったりと、インターフェース別にファイルが制作されております!

便利です!!

詳細は以下。ありがとうございます!

atuweb.net

CSRF_tokenのreflash!! @ laravel5.2

備忘録っす!!

Session::regenerateToken();

ってやるとリセットされるっす!!

フォームが作成されるごと(ページの呼び出しごと)に更新されるかと思ったんだがね…

独自Validation作っちゃお☆@Laravel5

お早うございます。 安定剤のせいで体調不良な空瓶です。

動機

LaravelのValidationってめっちゃ便利!でも変に組み合わせると見にくいし可読性に欠けてしまう。
→自分で作れるんやない?

概要

他サイトやQiitaにて似たような記事はありますが、備忘録も兼ねてまとめておきます。

1.既存のValidaterを継承したクラスの作成
2.Providerの定義と登録
3.使用

1.既存のValidaterを継承したクラスの作成

場所は任意です。
今回は app/Validator を作成して、その中に作ります。
(ディレクトリ名称を[Valdiators]にしようか迷いましたが、中身は1つだけなのでいいかな..複数作る予定もないし。)

<?php

namespace App\Validator;

class CustomValidation extends \Illuminate\Validation\Validator
{
    public function validateCodeStringCheck($attribute, $value, $parameters)
    {
        if (ctype_alnum($value)) {
            if (ctype_alpha(substr($value, 0, 1))) {
                return true;
            }
        }
        
        return false;
    }
}

この関数名ですが、[validate]はプレフィックスになっており、[codeStringCheck]というValidation名として使用します。
また、エラーメッセージの使用はValidation名をスネークケースにして使用します。(サンプルは後ほど。)

2.Providerの定義と登録

php artisan make:provider ValidatorServiceProvider でProviderを作りましょう。atisanに頼ります。

そして、config/app.phpに追加します。

<?php
...
'providers' => [

        ...
        
        App\Providers\ValidatorServiceProvider::class, // custom

    ],

3.使用

<?php

namespace App\Http\Requests;

use App\Http\Requests\Request;

class CompanyRequest extends Request
{
    /**
    * Determine if the user is authorized to make this request.
    *
    * @return bool
    */
    public function authorize()
    {
        return true;
    }

    /**
    * Get the validation rules that apply to the request.
    *
    * @return array
    */
    public function rules()
    {
        return [
            'mail_address' => 'email|required',
            'company_code' => 'required|min:4|max:20|codeStringCheck',
            'company_name' => 'required|max:20',
        ];
    }
    
    public function messages()
    {
        return[
            'company_code.code_string_check' => '英字から始まる半角英数字の文字列を入力してください。'
        ];
    }
}
php```

CSRF Exception キャッチしろやあ @Laravel5

お疲れ様です。

フォームを開いたまま仕事に行き、数時間放置した後に再度Submit.

すると

TokenMismatchException in VerifyCsrfToken.php

なるエラーが。
そういう時は自分でExceptionをThrowする。

対象はこちら↓

app/Exceptions/Handler.php

1.CatchするためのExceptionを読み込もうね!!

use Illuminate\Session\TokenMismatchException;

2.function render をいじろうね!!

    public function render($request, Exception $e)
    {
        
        // csrf error 
        if ($e instanceof TokenMismatchException) {
            return redirect()->back()->with(
                'csrf_error' ,
                'ページを長時間開いていた為、<br />セッションが切れました。<br />もう一度最初から入力してください。'
            );
        }
        
        return parent::render($request, $e);
    }

2017/04/12

午前中

午前は転職活動。

電車で1時間揺られて着きました。

電車で勉強してる人って凄いなって思った。
自分、電車で勉強しようと思ったんだけど、気づいたら到着してたわ、爆睡。

面接は良かったんじゃないだろうか?

人当たりも多分良かったし、色々条件面金銭面とか話せたし。

これを踏み台に本命も頑張りたい。

午後

母親が帰宅するまで少し寝るつもりが、昨日に引き続きまたも3時間爆睡。
塾は相変わらず楽しかった。地味な作業(給料の出る雑務)も楽しかった。
私の担当生徒になった子二人の授業をして、完了。

帰宅して、筋トレして風呂。 筋トレいいね、筋トレ。

今夜は寝れるかな?